ルルルンONEホワイトをより効果的に使う方法!

ルルルンONEとルルルンONEホワイトがあります。
この二点はスペシャルケア用となっていますので、毎日使用する物ではありません。

 

なぜルルルンONEホワイトにしたのか?
それは保湿をするだけではなく、お肌のトーンをあげて透明感ある状態にしたかったからです。

 

こちらのスペシャルケア用マスクでは、3層構造のミルフィーユマスクになっています。

 

ふんわりとしていて、綺麗で白い肌を作る事ができます。
また透明感も出てきます。

 

ルルルンONEホワイトは一袋の中に五枚入っています。

 

袋から取り出してみると、一枚ずつ梱包されていました。
その時点で高級感あるなぁと思いました。

 

ルルルンONEホワイトはくすんでしまった肌や、シミ。
年齢を重ねていくと、肌の色も暗くなってしまいますよね?

 

そういった肌のトラブル部分に影響が出るように作られたマスクなのです。

 

肌の保湿をよくし、透明感とハリのある肌を再生させるために「ナノスルフォラファン」や「ブライトニル」や「リョクトウ成長点培養細胞」の成分が含まれています。

 

この成分は、緑豆や茶の葉やブナなどからとっているので、自然なものという事で安心感もあります。

 

植物の新芽からもとっています。

 

マイクロサイズにした美容オイル。
サイズを小さくする理由は、人の皮脂に近くすると、肌になじみやすくなります。

 

こういった内容を知って、良さそうだと思ったので購入しました。

 

早速ルルルンONEホワイトを使いました。

 

マスクは分厚いというのが一番の印象です。
他のシートも使ってきましたが、贅沢な厚みだなぁと思いました。

 

全部取り出すと、乳液みたいにとろとろした液でした。
マスクにしっかり染み込んでいますが、ダラダラと垂れてくるわけではありません!

 

先ほども述べたように、ルルルンONEホワイトのマスクは3層構造ミルフィーユマスク。

 

3層の真ん中部分に美容液をたくさん含んでいます。
そして上と下の部分でその美容液を閉じ込めているんだとか。

 

肌との摩擦をできる限り抑えています。
摩擦が最小限になっていれば、肌を傷つける心配もないでの安心できます。

 

筆者も摩擦は最小限に抑えたいと思っていたので、ぴったりです。

 

摩擦をなぜ最小限にしたいのかと言いますと、摩擦が発生してしまうと、シミができやすくなります。

 

そしてくすみもできやすくなるのはメラニンが増えてしまうからです。

 

ルルルンONEホワイトを実際肌につけてみました。
マスクがふんわりしているので、とてもつけやすかったです。
つけた感じが一番フィットしたマスクでした。

 

密着したらはがれずに空気の入る隙間もありませんでした。
たっぷり美容液が肌に浸透していました。

 

ルルルンONEホワイト全体は、手のサイズより大きいです。
顔につけても余ってしまうぐらい大きいです。
もみあげギリギリの所まで覆えるのはありがたいですね。

 

ルルルン通常シートマスクと比べてみると、ほっぺ部分に切り込みが入っています。

 

この切り込みこそ密着度を強にしているのでしょう。
普通に歩いていてもマスクは取れませんでした。

 

目の所もしっかり保湿できていました。
週一行うにはちょうど良いシートマスクです。
翌朝、洗顔をし化粧をしたら、いつもよりノリが良くて感動してしまいました。

 

保湿力も強いので、冬の乾燥もこれ一枚で防げます。
デートの前日や、大事なイベントの前日などに使うと良いでしょう。