ルルルンのクリームマスクを使用してみた評価

ルルルンのクリームマスクは100g入っています。
白いラメ入りの容器にたっぷり入っています。
値段は税抜き1500円です。

 

独自で開発したオリジナルのマイクロゲル構造。
保湿成分・・・リピジュアR・Wセラミド・植物オイル
ハリやツヤを取り戻す、シンデレラケア
別名生マスク!

 


ヒアルロン酸Na
グリセリン
ウメ果実エキス
プロパンジオール
アーチチョーク葉エキス
ダイマージリノール酸
*フィトステリルやイソステアリルやセチルやステアリルやベヘニル
ワイルドタイムエキス
ホホバ種子油
クエン酸
水添レシチン
水酸化Na
ステアリン酸グリセリル
リゾレシチン
BG

ユズ果実エキス
フェノキシエタノール
コメヌカスフィンゴ糖脂質
メチルパラベン
水酸化K
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
ポリクオタニウム-51
マカデミア種子油etc・・・。

 

使用してみた感じは、10点満点中7点
仕上がり感は10点満点中7点
コスパは10点満点中10点
保湿力は10点満点中10点

 

使用感に関しては、するりと塗る事ができる上に、ベタベタしていませんでした。
刺激もないので、赤く腫れている所やニキビの部分に塗ってしまったとおしてもしみらなかったです。
香りもほとんどしないので、気になりませんでした。

 

つけてみると、潤いがきちんと浸透している感じが伝わりました。
保湿もしっかりと翌朝まで維持していました。
値段も安いので、学生にはすごく助かりますし、主婦もお小遣い範囲で購入しないといけないので助かります。

 

ルルルンの商品と一緒に使うとより、効果が良くなるのは素晴らしいです。

 

全体的評価

生マスクはブルブルと震えています。
ゲルみたいで、触るとどろっとしてしまうのではないかと想像できます。
しかし触ってみると、どろっと感がなくミルククリームでした。
塗ると伸びが良くて、少量で顔全体に塗れるので長く使えそう。

 

オイルでベタベタした感じがると思いますが、植物性のものを使用しています。
それによりベタベタを最小限に抑えられていました。
だから、化粧もすぐに出来ます。

 

普通のベタベタする美容液を使うと、ちょっと乾くまで化粧ができないじゃないですか。
朝なんて最悪です。

 

用意をパパッとしないといけないのに、乾くまで時間がかかっていたら、仕事も学校も遅刻ですよ!

 

すぐファンデを塗れる点は、女性にとってありがたいです。
ルルルンのフェイスマスクと併用して使うのが良いと言われていましたが、愛用している化粧水で試してみました。

 

意外と合って、翌朝もつるんつるんです。
好みなどもあると思うので、必ずしもクリームマスクにはルルルンのフェイスマスクじゃないといけないというわけではありません。

 

今使っている化粧水を使ってみた方が良いです。
いろいろと試してみましたが、1番ぴったりマッチしていたのは「ルルルンのブルーフェイスマスクとクリームマスク」。
そして2番目に良かったのは「愛用している化粧水とクリームマスク」。

 

3番目は、クリームマスクだけ。
クリームマスクで十分効果はありますよ、
保湿もちゃんと出来ているし、満足できる範囲です。
ただ人というのは、ないものねだりをする生き物です。

 

クリームマスクだけで使用していた日々を、シートマスクと併用し始め、潤いが良いとこっちの方が、より良いと感じてしまうものなんです。

 

金銭的に厳しいようなら、併用を試さない方が良いかもしれませんね。
一度はまってしまうと、クリームマスクだけでは物足りなくなってしまいます。

 

クリームマスクは以下の女性に使用してほしいです。

 

・フェイスマスクが好きだけど、冬はすぐにカピカピになってしまい潤いがキープできない。

 

・保湿重視だけど、塗った直後とかベタベタしない物を使いたい。

 

・乾燥肌や敏感肌で自分に合うものがなかなか見つからない。

 

・しみや、にきびができやすい。

 

・しわやたるみが気になり始めてきた。

 

・毛穴がボツボツで気になる。

 

年齢層は特に、ありませんが20代30代の方がリピートしているので、あてはまる方は使用してみましょう!

 

40代でも50代でも使っている人はいます。
ちなみに筆者の母親は58歳ですが、一緒にクリームマスクを使っています。

 

母も、クリームマスクと出会う前はシミが多かったのですが気にならなくなってきました。
さらにいうと、常にスッピン生活だった母が毎日化粧をするようになりました。
それだけファンデが塗りやすくなったのかもしれません。